上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、帰りの電車の中で思ったのだけれど、
やはりゴスロリは着る人を選ぶんだなと。
というか、ファッション(Fashion)以前の問題なのか。

電車に乗っている途中その人たちは乗ってきた。
内心、「でたよ、ゴスロリ」だよと思った。
ピンクのワンピでフリフリのスカートで
持っているリュックは熊さんの形をしている。
もう一人の方はよく見えなかったけど、
同じような感じだった。

しかし、どうも奇妙な違和感を感じた。
どうも背が高いような気がする。
それどころかぽっちゃりでもスレンダーでもなくがっしりしている。
最早明らかにその人たちはゴスロリだけでなく女装の人でした。

しかも、年齢は20代後半から30代前半のような。
もうバレバレだっちゅうの!
しかし、いやいややらされているよな雰囲気はない。
マジでそれ、趣味ですか?しかも町中まで歩けちゃうような。

けれどもこれが意外と周りに溶け込んでいた。
ヘタにブスでデブった人が着るよりもそういうのもありなのかなと
思わず唸らされてしまった今日この頃であった。
そんなかく言う私はこの前自分のファッションのベクトルを変えるべく
池袋で行われたマルイのバザーへと繰り出した。
前日行った姉妹の話によるとかなり混んでいるらしく、
試着にも相当時間がかかるとの事だったし、
二日目だったのでいい物はもうないかも知れないと聞かされて
半分行く気が失せかけていたのだが。
(そのせいで午後の二時起きだった)

この時自分に課せられたタスクは
今までのだぼっとしたジャケットを脱ぎ捨て
締まりのない格好をしていたのを止めて、
切れ味鋭くてなおかつカジュアルなスーツスタイルを探求する事であった。
その結果、若さというか年相応の格好からかけ離れたとしても
既に老けてみられるようなので逆のそこに合うようにしてみようと思った。

既にライダーズジャケットながらダブルになっていなくて
非常にシンプルな作りなものを手に入れていたが、
(タケオキクチのでショート丈の)
もちろんこれからは冬なのであって
やはりコートが必要となってくる訳である。

さて午後四時になってやっと着いたのだが、
会場の中は思ったよりはさほどは混んでいなかった。
とはいえかなりの数がある中で
予算1万円前後に収めなおかつ気に入ったものは見つかるのか?
正直なところあまり期待はしていなかった。

ひとまず端から順繰りにさぁーと見てみる。
と同時に血の気もさぁーと引いてくる。
安くなっているとはいえ甘くはなかった。
いい物は少なくとも2万円はくだらない。
場合によってはもっとする。
もちろんそれでも3割、4割は安くなってはいるのだが。

なんとか1万円程ので気になったものを二着確保。
確保しとかなければ次見に来た時にはなくなってるかも知れない。
そういうもんだろうと僕の頭の中では思われている。
既にこの時点で二時間弱はかかっている。
一度試着しようかと思ったが、待ち時間が5分だったので
いいやと思って再び物色しに行った。
コートなので往来で試着してもいいのだが、
人が行き交う中荷物を気にしながらすることは難しそうだった。
今更ながらツーマンセルで来なかった事を後悔した。
あぁおれの悲しき友人関係。

飾ってある藍色のベルベットのコートがいいなと思っていたのだが、
手がでない価格だったので断念していたのだけれど、
新たに気に入ったものを発見。
黒に銀の縦ストライプが入ったもので1万5千円したが、
前のと比べてみたら前のが陳腐に見えたのでこれだなと思った。
一応寸法を確かめるために5千円のジャケットを携え
いざ試着室へ。
今度はなんと待つことなく試着する事が出来た。

着比べてみたがやはり後のがよかった。
細身な作りでこのチビな体型も少しはまともに見れるだろう。
5千円の違いは大きかった。
しかし、ジャケットの方は寸法も合わないし(袖が長い)
やはり安物感がでていた。
(万単位の違いでもないのによく言うが)

で、改めてジャケットを探して見る。
いや、何というかやはり普通のブレザーみたいなジャケットも
欲しいなと思ってしまったのだ。
という事でMichel Kleinでいい物を発見。
ショート丈、一つボタン。色は黒と茶があったが、
サイズが合うのは茶しかなかった。
まあ、黒ばっかり揃えても仕方ない。

という事で今度はYシャツを携え再び試着室へ。
今度は10分程待つ事になってしまったが、
これで問題なければ後は会計をするつもりだった。
そしてどうやらイメージ通りのものだったので、いざ精算。
予算をオーバーしてしまったがカードで払って
来月は質素に暮らそう。

更にその足で今度はABCマートに向かう。
ここでも20周年でセールをやっている。
今度はスーツに合うカジュアルな革靴を探す。
スニーカーとかホーキンスのだと印象が柔らかくなってしまう。

イタリアからのインポートものが安くなっていた。
靴底がゴムでなく革の方が高級感がするのでそちらからセレクト。
やはり1万円くらいのものから選ぶ。
ウィングチップのものとロングノーズでパンプスのようなもので悩む。
結局ジーンズでもはけるロングノーズにする。

既に時間は午後7時になりかけていた。
充分な成果というか予想以上のものだったので、
満足げに帰途へと着いた。

しかぁし、まだパンツとベルトを購入していない。
このごろストレスからか痩せてしまったので、
勝手に腰パンになってしまっていたり、
用をなさないベルトが増えてしまっているのだ。
困っちゃうのよ、これが。
でもやっぱり洋服ってお金かかるね。

コメント
blog comments powered by Disqus
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

人気ブログ記事検索 ブログルポ TREview 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。