上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は「なくて七癖」。
それが悪癖であろうと何かしら持っている物だ。
自分の場合、悪癖といえるのは
「何でもかんでも予測しようとする」事だ。

いいじゃないか。何がよくない?
ところがどっこい過ぎたるは及ばざるが如しで
俺は読み切ろうとしてしまう。不確定要素を排除しようとする。
そうするとそれを裏付けるために情報が必要となる。
ただ人間として未熟であり、人の心は読みにくく
頻繁に情報が欠落してくる。
その時、動きが止まってしまう
未確認のまま行く事を怖じ気づいてしまう。

親父は口癖の様に言う。「先を読め
自分の心の赴くままにすればいいのに
その言葉が呪文の様に縛る。
後先を考えない無茶な行動こそが若者の特権だというのに。
未知なる土地への冒険を妨げ視野を狭くするのは
若者を「井の中の蛙」に変える事になる。
わからなかったらそのまま突っ込めばいい。
その時初めて知らなかった事を知る事が出来るのだ。
足りない知識で想像しても答えがでる事はない。

完璧な予測などは有りはしない。
行動という水滴が波紋を呼び、結果を形作ってゆくのだ。
必要なのはたった半歩先の事だ。
その半歩がよければ、次の半歩をよくする。
その繰り返しこそが人生を面白くするのかも知れない。

俺は強くなると言った。
だからここで言った事は過去を恨めしく思った訳でない。
偽りの弱さへと戻らない様に自分の立ち位置を確かめているのだ。
一歩一歩着実に進むために誓い(Oath)を立てるためにある。

コメント
blog comments powered by Disqus
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

人気ブログ記事検索 ブログルポ TREview 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。