上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、「世界の中心で愛を叫ぶ」やってますな。
いいですな。ああいう青春て。
長澤まさみ綾瀬はるかもいいですな。
しかしそりゃ高嶺の花って奴か?

私がそんくらいの頃、学校(School)では…
卓球部の部長をしてましてな。
実は中学3年の時に上の人間が全員辞めてしまして、
中高一貫で部活もそうなのにいきなしお鉢が回ってきました。
で、一度一人で突っ走って空回りして嫌になって
というか勝手に押しつけられた様な物で
他の人に部長の座を譲ったんですよ。
それがまた戻ってきた訳で。

だからその高校二年の時には
まあ半分好き勝手やりなさいと言う様な感じで…
でも、新しい顧問が来てその人たちは経験者だったので
これから盛り上げられるかなって思っていた。
今までの顧問は卓球には疎かった。

途中新しいというか斬新な(僕らにすれば)練習方法を取り入れたりもしたけど。
なんか勝とうとかそういう欲はなかった。
後輩の指導の方を熱心にやっていたかな。
といっても一時期10人ちょいだった部員も
その時には40人程に増えて狭い練習場で一斉に出来なくなって
中学と高校で練習時間を分けたから、空いてる時にね。

あとは体育祭の部門長をやっていた。
放送、用具、レース・決勝、記録、賞品、招集、スローガン…
この中で用具部門の担当で副実行委員長だった。
これは中3くらいの時に最初無理矢理やらされたんだけど
だんだんと面白くなってはまっていった。

用具部門自体は体育祭当日、競技に必要な物を
用意したり、片づけたりするのが仕事だった。
跳び箱、縄、球投げの球、長い丸太etc
みんな用具がおいてあるところに待機して
競技終了と同時にえっこらほいさら…
次の競技開始まではそんな時間はない。
ひたすらダッシュ、しかも重いし…

それに副実行委員長として
体育祭の新聞を発行したり、競技を考えたり。
で、それまでは体育祭の前日に体育館に泊まれたのに
危険だって言っていきなし中止に。
それ聞いた時に初めて立ちくらみしたしw
ぐらって体がよろけるのね。
全く高校の楽しい思い出がつぶれたよ。

実生活は何もない。
部活にまみれ、体育祭にまみれ、漫画とアニメにまみれ…
部長であった事のプレッシャーに押しつぶされ、
仲間からのフォーローはなくて(自分から聞かなかったからか?)
鬱になっていたのかも知れない。
人間が信頼出来なくなって店員に話しかけるのも怖くて。
かなり人見知りする状態になっていた。
学校の友達と話す時はまあ普通だったけど。
あとは例のごとくSPEEDにはまっていたかな。
前述の通り上原多香子ちゃんに。

戻れたらいいかなと思う時もある。
そしたら部活ばっかじゃなくてバイトもしてバイクも買って
ひょっとしたらあの子にもっと早く会えたんじゃないかと思う。
でも、今はもういいや。

あのとき殻に閉じこもっていた自分はもういない。
既に前を向いて生きている。
過去よりも未来をどうすべきかを考えている。
あのときは挫折していた時かも知れない。
だけどそれがあるから今やっとバネにして頑張っている。
あそこで部長という職に上手くいっていたら
経営を目指そうなんて思っていなかった。
あのとき背負った物はものすごく重かった。つぶれそうだった。
今はもうそれを軽々と担げる程になった。
俺って強くなったねw?
この前久しぶりにあったマックの先輩(既に就職)にも
男になったな!」って言われたし!

コメント
blog comments powered by Disqus
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

人気ブログ記事検索 ブログルポ TREview 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。