上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いじいじ、うじうじしている人が一番嫌いなの!」












と、言われてしまった。
曰く僕は「弱い」(I'm timid)らしい。
いや事実、ここ数週間、いや数ヶ月事ある事に僕は弱くなっていた。
それがここ最近エスカレートしてきて
我慢の限界を超えたらしい。
しょうがない事だ。自分でもおかしいと思うくらいだ。

だから僕は「強くなる」と言った。
けれどそこになんの根拠もない事を見透かされている。
そこでやろうとしていたのは「虎の威を借る狐」のようなことだ。
全く反論できなかった。

じゃあ、一体どうすりゃいいんだ?
今この瞬間に強くなれる訳がない。
これでも今まで頑張ってなんとか自分を取り繕ってきた。
振り返って最悪の時よりはなんぼかよくなっている。
だけどなぜか「強い自分」を演じきれない。
どうしてもぼろが出てしまう。

思い悩む…
思い悩む…
思い悩む…


やっぱり駄目だわ。「弱い」わ、自分。
そっか…「弱い」んじゃん

その時、ふと思えた。
「弱く」ていいじゃないかと。
「弱い」ままでいいって事じゃない。
今は「弱い」って事でいいと言う事だ。

今までは例えるならATフィールドばっか強くして、
エヴァンゲリオン本体は強くなってなかったと言う事に気付いた。
心の壁」は強くなっていったけど、
それだけだからはげた時に凄く弱かった。

周りはATフィールドを張っている時の自分が本当だと思っていた。
「やれば出来る」とか「何でも出来る」とか「倒れやしない」と。
そんなの無理無理!逆にそういうプレッシャーがきつかった。
本当にやばいって信号もATフィールドが外に出さなかったし。
たまに「弱ってる」と言っても取り合ってくれないし。

そうやって外に出ずに自分の中で延々と溜まっていったものが、
突然栓を開けられたかの様に勢いよく出ていった。
そりゃ、迷惑千万、お帰りなすってだ。
そんでもって本当の自分は「弱かった」と。

でも、初めて自分は「弱い」状態になった。
もう隠しようのない事実だ。
別に「強い自分」を被り直す必要はない。
どうせまた引っぺがされるに決まっている。

だったらどうすりゃいいか?
答えは簡単だ。
これから強くなればいい。
今度は仮面をじゃなくて、本当の自分をだ。

明日なるか、それとも1年後か、はたまたもっと先か?
いつ「誰か」を守っていけるぐらい強くなれるかはわからない。
それでも「自分自身」を強くしようと決めたのだから、
きっといつかは強くなれる。

コメント
blog comments powered by Disqus
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

人気ブログ記事検索 ブログルポ TREview 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。