上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立っているだけで腰が痛いご老体、Dice+Kです。
今日は疲れました。腰の筋肉が疲れてくると
激痛が走って歩くのがゆっくりになります。
早く寝て直せと…まあ、そう仰らずに。

前に話しましたが、私は親に愛を受けてないと思う。
さりとて虐待を受けている訳でもないが。
しかし、それは私が気付かないか何らかで
向こうとしてはひとまずは愛を注いでいると
解釈する事も出来るのかも知れない。

しかし、押しつける愛というのは相手を
幸せ(Happy)にするのだろうか。(歪んだと捉えてもいい)
過剰な愛はその形を保てるのだろうか?
過ぎたるは及ばざるが如しではないか?

故に私は私の愛が愛として向こうに認識されているかが
非常に気にかかる。
相手の幸せを考えるのならばその視点は重要だと思う。
もちろん相手の幸せが第一だという前提の元において。

だから「俺が一番愛してる」「いや、俺の方が…」という会話は
終着を見なく消耗的であり、
「どちらの方がより愛を感じるか」を論じた方が
確実な選択に繋がると思う。

しかし、それを探る事は所詮他人事。
不可能であり、その点に悩み
よく告白のタイミングを逃す事をしている。
「愛してる」と言わない訳はないがね。

コメント
blog comments powered by Disqus
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

人気ブログ記事検索 ブログルポ TREview 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。