上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切り結ぶ太刀の下こそ地獄なれ、踏み込み見れば後は極楽、Dice+Kです。
これっちゅうのは剣術の道歌で、切られる事を恐れずに
身を捨て前に出る事で勝機が見えるって事らしいです。
「虎穴に入らずんば、虎児を得ず」と同じような感じですな。

いつだってハイリターンにはハイリスクがつきまとう訳ですな。
恋愛もそうなのでしょうかね?というか、結婚は?
いい人だなと思ったのに実は家庭内暴力あったりね。
これから出会うであろう人を期待せずにある人に絞る行為だからかな。

既に茨の上を綱渡りしている様な心境にある俺には
無理な注文なんだけどな。
立つ事で精一杯で進むのはままならない。
いっそ落ちてしまうのが楽かと考える始末。

人は忘れる事が出来るから生きていけるのである。
自分の一部を失う事は耐え難い。
自分の一部でないからかくもあっさりと忘れられる。
自分の一部とするか否か、その見極めが大変なのだ。

人は闇(Dark)を怖がる生物だ。
でも俺は闇は自分を包んでくれる気がする。
心に空いた穴を隠し、見にくい自分を隠してくれる。
光を嫌がる自分は人になる事を夢見る生物なのだ。

おっと、暗くなりすぎましたな。
てぇこってぇ、太刀をよけぇ~のでクリティカルヒット
お見舞いしてやりてぇですな。
え、誰にって?そりゃ~、これから考えますわ。

コメント
blog comments powered by Disqus
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

人気ブログ記事検索 ブログルポ TREview 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。