上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気な病人の見舞いに行った、Dice+Kです。
経過良好って事ですね…
そういう姿を見に行けるのが嬉しいんですよね。
僕には縁がありませんが。

そう、僕はいまだに入院した事はないんですよね。
怪我にしても病気にしても…
それは実に良い事だと思います。
何もしたいと思ってる訳ではありません。ただ…

基本的には年に一回程風邪気味になります。
大抵は胃が弱ります。これは昔からです。
他は疲れから来る寝不足で一日中寝てれば直るので。
マクドナルドに五年間程いますが、病欠したのは一度だけです。

でもね、なんだろよく考えるとこの状態が凄く中途半端。
精神状態追いつめられてる人なんかは
ガリガリにやせていたり、血色悪かったりするけど、
そういうのが表面に現れてこない。

というのは自分で思いこんでるって事じゃなくて、
他人にあまり察してもらえないか、もしくは自分で隠しすぎているか。
だから、倒れちゃったりするのとかうらやましい
それって、辛い事は辛いって正直に言ってるって事じゃない?

前に言ったけど俺は今泣く事はない。
子供の頃も我が侭(Indulgence)言ったりする子じゃなかったらしい。
そういう風に自己を抑圧してきたのかも知れない。
でも今はもうそれには耐えられない。

例えるならそれは「漏れそうな小便を早く出したい」気分。
既に膀胱限界まで伸びてる。破裂しそう。
そこで出すとほ~っとしますよね?解放された感じ?
それは人間の生理的欲求かも知れないけど。

でも俺が得たい事はまさしくそれ。
いつも「あ、出そう!」ってところで収まってしまう。
それが頻繁にある事は問題だけど、
その臨界点が高いのも非常に辛い事である。

で、なんかもっと限界まで追い込むべきかなと思って
無茶な事をしたりもする。
でも、動機が不純だから上手くいかないし。
いい方法はないのだろうか…

コメント
blog comments powered by Disqus
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

人気ブログ記事検索 ブログルポ TREview 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。