上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意気揚々と第2回を立ち上げましたが、参加者は3名と借りた会議室が妙に広く感じられる人数となりました。
今回のテーマは使い方を大分類してみようという所でしたが、上手く伝えられなかったので改めて述べたいと思います。それときっと次回もこのネタで行くと思いますので。

3つの使い方



何を分けようとしているのか?それはToodledoにおけるタスク管理の方法です。GTD、フランクリン、タスクシュートと数あるタスク管理の中でどれを主な手法として実施していくかは個人差があると思います。前回佐々木さんがGTDとタスクシュートでの運用方法の違いを気にされていたので、今回はそれを整理する為にとテーマを設定しました。意図としては、Toodledoは多機能であるために、一面からは不要と思えるし、他方では足りないと感じる事もあると思います。それに対して対応出来れば方法を探し、後は各々に合わせて調整していけるようにして頂ければと思います。
準備不足か話しているうちにもっと盛り込んで行った方がみなさんのご理解に役立つのではと思い始めました。次回は少し操作方法に踏み込んでいき、事前準備も含めてお話しできればと思います。特に期日、ステータスといった項目に関しては分別していくと入力の手間が軽減されるのではと思いました。

今後の活動


開催から時間が空いてしまい、その間に東京ライフハック研究会が始動し、またその中でタスク管理の分科会が立ち上がろうとしています。ひょっとしたら、吸収されるのではとガクブルしてます(笑) もちろん、研究会と上手く連携して進めていくのは好ましい事なので、これを機にToodledoが広く認知されればありがたい事です。
もしくはもっとコアな使い込みを追求していくのもありかもしれませんちょうど堀さんがモレスキン本を、倉下さんがエバーノート本を出版する運びとなりましたので、そろそろ佐々木さんがToodledo本を出版する計画を密かに温めていないかと期待しております。きっと八部衆が影から支えますから(笑)

コメント
blog comments powered by Disqus
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

人気ブログ記事検索 ブログルポ TREview 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。