上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回は、仕事とはという所、仕事力とその源泉が欲にあるという話でした。その時、仕事する事から得られる物は何でしょうか?給料、収入、直接的な物、などがまず思いつかれるでしょう。ひっくるめて言えば、成果という事になると思います。所謂、成果主義は成果に従って給料を払いますよという制度であります。と言うと、ただ成果が給料と等しい物となるので、私としては避けたい所です。欲求を充足するために仕事をするなら、安全の欲求ならまだしも、自己実現の欲求などはどうやって給料で補えるのでしょうか?すなわち成果主義とは成果に応じて、比例してあくまでも給料を払うという給与制度ですので、成果と給料が等価交換される訳ではありません。
「仕事」が「食欲」を満たすことを前提としているのならば、「仕事」によって得られるものとは食料でもありまたそれ以外も付与されてきます。それは先程述べたように安全の欲求が満たされた時には衣食住などが含まれてきます。この様に、間接消費物を生産する活動が伴って初めて「仕事」であるならば、間接消費物とはそこに収入が含まれてきます。さらに高い段階に至っているのならば、他者からの尊敬、地位への渇望、名声、利権などといったものが得られていると思います。何を以て得られるものが決定されるのでしょう。それはやはり「成果」だと思います。どんなに「力」があっても「成果」として生み出していなければ、欲求は満たされないのです。捕食活動もまた成果によって報われるのであって、どんなに足が早くても、どんなに腕力があってとしても、獲物を取ることが出来なければ食べることは出来ません。では、「仕事」における「成果」とはどの様に算出されるものなのでしょうか。一定期間における「成果」とは、一定期間に産出した労力と余力の総和だと考えます。


「成果」を産み出す


では、成果はどの様に求められるのか。あまり、数学は得意ではありませんが、方程式にしてみます。
成果=労力+余力
まず、疑問を持たれると思うのは、「何故成果の中に、余力を含めるのか?」だと思います。人間は、というより、地球上の生物というのは循環することを内在すると考えています。他の言葉で言えば輪廻だったり、陰陽道のような考え方に近いと思います。何かしらの正の行動は、負の行動を伴わないと存在しえないということです。簡単にいうと、力を発するためには、必ず力を貯めるという行動が必要になってくるからです。24時間働ける人はいると思います。その次の日も24時間同じように働けますか?さらにその次の日はどうですか?無理ですよね。極端な例でしたが、明日も働くためには今日すべての力を使い切るのではなく、力を温存して置かなければ、もしくは再び活動するならないのです。とすると、成果を出す際にはどれだけの余力を残すのかということも同時に考えなければならないと思います。
また、効率良く休むというのもライフハックとしては、よくある考え方でありますが、ここでは仕事にフォーカスするためにおいておきましょう。


成果だけを望むのか


成果=(労働量×生産性×評価)+(余暇量+必須消費量)

成果は、評価されないです。ただ、給料に換算されるだけで、評価されるのは仕事っぷりです。成果が低くて、評価が高い状態はありませんから。あくまでも評価されたのが成果なのです。評価は客観的な物です。必ずしも上司だけとは限らないでしょう。部下からの評価もあるし、お客様からの評価もあると思います。以上のように、成果というものを分析してみました。仕事するということは成果を出すということです。では、仕事をするとなると、成果を極大化しなければならないのでしょうか。それはもしあなたが誰よりも多くの収入を得たいと思うのなら、成果を極大化する必要があります。成果に応じて収入は入ってきますから。しかし、今誰しもが成果を極大化しようとして、ヒーヒーと根を上げているように思えます。そして、誰しもが労働量にばかり着目して、余力を無くしていき、終いには潰れてしまうのです。成果というものを方程式であらわしたのには、個人もまた企業の収支と同じように考えてみてほしいと考えたのです。すると、成果は企業の売り上げです。労力は企業の原価です。そして、企業の利潤は余力となるのです。企業において大量生産主義が終わったように、個人においても成果の極大化だけが目指すべきところではないのです。ではなにか?利潤の追求です。ステークホルダーの満足です。あなたのステークホルダーは、もちろんあなたがあなたの主人であるというのは当たり前であり、また家族であったり友達であったりしないでしょうか。余力、余暇に使う時間があるから、あなたは家族と過ごしたり、友達と趣味に興じることが出来るのではないでしょうか。つまり、一定の成果を収めつつ、余力を最大化していくことがこれからは求められてくるのではないでしょうか。
これは企業でいうP/Lですね。では、B/Sはどういう風に構成されるのでしょうか。企業では左が資産で、右が負債と利益になります。利益は先ほどと同じように余力になります。資産は、あなたがこれまでに身に着けてきた力だと思います。負債は、というとまるで何か借金しているようですが、こういう言い方もあります。他人資本と自己資本です。あなたが投資できるもの、それはあなたの時間であったりあなたのお金であったりするでしょう。同じように他人がもつものも自分に投資しているのです。それは直接的ではない場合が多いでしょう。本であったり、教育を受けるというのは本来は他人が他人自身のために投資してきたものを借用しているのです。それによってあなたは自分の時間やお金を莫大に使わなくてもすばらしい知識を得ることが出来ているのです。さらにもう一歩、分解してみましょう。


生産性に着目する


成果={労働量×(仕事力仕事術、etc)×評価}+{総運動量-労働量)

流石にこれ以上の分解は 不毛ですので辞めておきましょう。
労働量としてあるのは、かける時間もそうですがかける体力や集中力といった所もそうです。だらだらとやるのと集中してびしっとやるのでは出来てくるものというのは違ってきます。時間ということではサビ残は就業時間に含まれないじゃないですかというはその通りで、しかしながら労働はしているけれども除外される評価になっているという事です。ただ、これらを分けて式にしてしまうと変数が多くなってしまうので一旦避けさせて頂きました。
生産性、この言葉は使う上で悩みました。仕事力という自己発生と、仕事術という自分以外の力を使うという両方を含めざるを得ない。となると、説明がややこしいのですが。ここは後に細かく分類していきましょう。


仕事はやった事が全てというのは、自明の理かもしれません。がしかし、今までは労働量に着目され続けてきたのではないでしょうか。それは今風に言うのなら「見える化」しやすい事であり、つまりは定量的に測定しやすい事であるからだと思います。何時間仕事しました、何個作りました。それは肉体労働者からすれば、単純かつ成果を表しやすい事でありました。しかし、今みなさんは知的労働者となっているのです。何時間も仕事したからいい文章が書けるのか、何個作ったから売れる商品を製造できるのか。それを保証する事は出来ません。労働量×評価という尺度では、どうしようもない事態です。そして、最終生産物に至るまでに多くの人の手を渡ってしまうので、誰がどれだけ貢献しているかは売れたという事実からは測定しにくくなっています。売れるというのが絶対的尺度であるのは誰にも分かりやすい事です。それに対して、間接的な関わり合いしかないとしか見なせないから、労働量に着目せざるを得なくなるのです。例え営業職だとしても、売れたのは営業の手腕によるものか技術的な良さからなのかは分別しにくいのです。それで終わってしまっては、ここで書いてる意味がなくなるので続けるとしましょう。


生産性は一定に増加するのか


このように分解したのは、余力というのは限界量から労働量を差し引いた分であるので、労働すればするほど一律に減っていくということ。対して、労力というのは労働量に対して生産性と評価という係数により増減する可能性を含むということです。これまでの時代では、生産性は年齢に従って増加していくものという前提があったために、それに評価を連動して給与を計算して他の人と差をつけられていた訳です。それは仕事力という内在する力に頼っていたからに過ぎません。その人の持つ生まれつきの才能やそれまでの経験という年月を経るごとに増していくものしかないと思われていたからこそ、そのような給与体系でありまたそれで問題はなかったのです。人より多く仕事をすることで多くの経験をしてその差を埋めようとするのは間違ってはいませんが、非常に大変な道です。そうではなくて如何に賢い人が作り出した方法をうまく使って自分の物にしていくかに注力した方が楽なのです。
方法は既にあるのです。後は知るかどうかです。使いこなしにくい方法というのは、結局は淘汰されていくものです。賢い人ほどシンプルさを追い求めます。見た目だけの単純作業に騙されずに、シンプルで効果的な方法を知って活用していきましょう。

コメント
blog comments powered by Disqus
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

人気ブログ記事検索 ブログルポ TREview 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。