上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな冗談な!
えぇ、女の子の話ではありません。
仕事の話ですってば。


SEで開発と言うとC言語やJAVA等でプログラミングするんですが、
サーバーを操る構築の人はそんなもん一切触れません。
まるで基礎かのように巷では言われてますし、実際私も研修では散々やりました。
でも、構築では同じような制御構造を持つ違うプログラミングみたいなのをします。


それはUNIXではシェルスクリプト、Windowsではコマンドプロンプトと呼ばれるものです。
正直に言うと昔懐かしコンピュータを文字で扱う際に使っていたものです。
画面で即座に結果を得ることも出来ますが、
ファイルに書いておいて後で一気に実行する事も可能なんです。
これで面倒な処理を自動でやってもらうわけです。
ちなみにシェルと同じコマンドをWindowsでやれるようにしたCygwinもあります。


で、これらと毎日格闘してるんですが、それぞれに良い点、悪い点があって
ある時はシェル、ある時はコマプロと使い分けていたんです。
しかし、なんとか両方のいいとこ取りのものはないかと探していました。

その時見付けたのが"Windows Power Shell"だ!


 これがもう………


 


 


 


使いにくいのなんの(;´д`)


なんか余りにも欲張りすぎていてシェルとコマプロと、
更にはオブジェクト指向までつけて
そんでもってifやwhile構文がまるでC言語みたいになってるだ~よ!
パイプ出来るけどオプション長いし。
マジ、やり過ぎ!


だから必ずしも他でやっているのと同じように出来ない。
お陰でストレスたまりんぐ


でも、実は簡単に出来んじゃねという一僂の希望を持ちながら
シェルやコマプロでやったのをWPSで出来ないかなと試行錯誤しつつ


悶絶に三股やってますよ(つд;)

コメント
blog comments powered by Disqus
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

人気ブログ記事検索 ブログルポ TREview 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。