上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにやら堀江さんの記事を読んでいて気になったので書いてみる。

まず論旨を確認しておくが、
歩行が困難なりで車椅子を必要としている人に対して
ある子どもがプルタブをせっせと集めて車椅子が出来るように頑張っていると。
それに対して、その子供の父親が

ボランティア活動は大事であるがプルタブを集めるのに時間をかけるのは無駄であり、ボランティア精神を息子が持っているのならお父さんが寄付してやるから、その時間を他の勉強やら大事な事に使いなさい

となる。

これに対して堀江さんは、

プルタブを集めるプロセスを通じてしか障害者を助ける気持ちを持てないということは無いだろう。普段からそういう気持ちを持ち続けていればいいことだ。それは単なる精神論であり、そのプロセスを通じてしかそれが理解できないということであれば、それは理解力の不足としかいいようがない。



で、それは時間は有限だから、そういう必要があると。

その通りですと言いたくなる自分がいるわけですが。
プルタブを拾う事は悪いことではありません。良い事です。
でも、子どもがそれに一等時間をかけるのは悪いことだと思います。
彼が他の勉強をして、もっと賢くなって、もしお金持ちになったら
そのお金で車椅子を一杯作ってあげればいいのです。
「障害者を助ける気持ち」を持って、なんらかの方法で助けるようにすればいいので
その方法はプルタブを集めるような非効率的な事ではなく、
もっと効率的な方法を模索するように時間を費やした方がいいと思います。

確かに今やらないと、今困っている人は救えないだろうけれども
それは今大いに助けられる人(その子供の父親)に任せてもいいわけで
今助ける力が弱い人(その子供)はまず助ける力を大きくすることを念頭におくべきだと思います。
プルタブを集めるのは、自分の身の回りに済ませ負荷の掛からない範囲で実施すべきだと思います。

自分もペットボトルのキャップは集めて、リサイクルに出しています。
それは自分の生活に無理なく出来ているからそれを取り入れているのです。
隣近所の人を説得して、出すように仕向けるような事をするつもりはありません。
たまたま話し合う機会があり、もし協力的な人であれば「出してはいかがですか?」と言うこともあるかもしれません。
ボランティア精神を忘れているわけではないので、そう言う事を拒否するわけではありません。

そしてボランティア精神を持っているわけなので、早く沢山のお金を稼ぎたいのです。
もちろんそれはまっとうな方法であって、人道に反してはいけないと思っています。
でも、それは最悪の場合、悪党から金を巻き上げるような方法でも構わないと思っています。
例えばねずみ小僧のようにね。
それが私にとって一番得意で、非常に効率が良ければの話ですが。
(実際には命の危険の方が大きく、するつもりはありませんが)
で、そのお金を困っている人に還元したいと思っているのです。

それをプロセスを重視していないとつつかれるのは、心外な事なのです。
というより、それを「重視」していると表すべきなのか甚だ疑問になります。
背の高い木の上にある出っ張った枝を切るのに
よじ登ってのこぎりにて切ろうとするのか
高枝切りバサミで切ろうとするのか
どちらにしますか?
まあ、電話で庭師さん呼んじゃいますけど。
木を切るより、庭師さんを呼ぶお金を稼ぐ方が得意だと思っているので。

この「枝を切る」と言う結果に対して
プロセスを重視したとしてもよじ登るつもりは毛頭ありません。
それだとまるで自己鍛錬になってしまって、手段が目的となるからです。
せいぜい高枝切りバサミ使うくらいです。
そうじゃないと、出っ張った枝を不快に思うお隣さんを
イチ早くなだめることはできないからです。
登れるようになるより先に、お隣さんの堪忍袋の緒が先に切れます。

そういう意味でも、時間は有限なのです。命が云々ではなく。
現代医学がどうたらも横においてしまってもいいのです。
(それに事故で死ぬか、殺されるか、もしくは長く生き過ぎて発狂して自分で死ぬか。)
我慢の限界はどこかで訪れるし、もし永遠に待てるのならそれは気にするほどのないことで
どちらかというと最早やる必要のないことになるのです。

さて、明日のタスクをチェックして、もう寝よう。
スポンサーサイト

こんばんわ。
訳ありまして、下記のオフ会に参加することになりました。

2/27手帳オフ参加者募集のお知らせ。テーマは「iPhone(スマートフォン)と手帳」

以前からこういう手帳関連のオフ会には興味があり、
ただ言うほど双方にて使いこなしていないので尻込みしていたのですが、
他の方の使い方をみたいと思いまして参加する決意が固まりました。

ついては日ごろどういう風に使っているかを書いておかないと
当日何を言うかオタオタしてしまうのでここで練習しておきます。

まず使っているものですが、
スマートフォン:iPhone 32GB
手帳:フランクリン・プランナー クラシックサイズ デイリーページ(1日が見開き1ページ)

使い分けは、
スマートフォン:日々のタスク、写真、映像、PDFドキュメントetcの倉庫
手帳:価値観、目標、年間/月間スケジュール、その日のスケジュール、アイディア

前日までに分かっているタスクはToodledoに投げ込みます。
これはiPhoneのAppigo Todoで同期することが可能です。
その日の朝に1日分のタスクをプリントアウトして、手帳に貼ります。
詳細なタスクの内容はiPhoneにて確認するようにしています。
例えば、必要なものとか人に会う用事であれば場所とか。
もし、追加のタスクが発生した場合は許される状況であれば、iPhoneにて打ち込みます。
無理な場合は手帳に書きます。
タスク完了のチェックは、手帳に記していきます。気持ちイイので。

スケジュールは主にGoogleカレンダーにて打ち込んでいますが、
これは一緒に作業している人との共有のためです。
iPhoneでは、CalenGooというアプリで確認したりします。
この時間は用事あるよーって言うために。あとはイベントごとも書きます。
実際に行く予定の用事は手帳に記載しています。同時に実際に行動した記録は手帳に残ります。
なので、起床時間、出社時間などの記録は手帳に書きます。

メモは、FastFingaというアプリを入れてますが、
最近はそこまで使っていないですね。
どちらかというとEvernoteアプリにて書いていることが多いです。
電話している時はアプリは使えないので、手帳に書いていたりします。

という訳で、あまり考えていませんが主に
入力→PC/iPhone、出力→手帳
という方式でいこうと模索している状態です。
最近になって、こういう形にしていこうと決めたので
まだものになっていません。元々は手帳オンリーだったので。

チームで決まっている月間スケジュールはプリントアウトして
手帳に挟んでいます。俯瞰して確認できるので。
こんなものですかね。

人生、上向くのも下向くのも同じ。どちらも限りはない。
そんな中、「上見てもキリがないから、このままでいいよ」なんていうのはナンセンス。
まんま横向きなどありはしない。周りの状況(経済や病気などの偶発的要因)は上か下かには動く。
それは上向いた行動の中での結果としての横ばい。
なおかつ、自分より下の人指して、自分はそうはならないなどと
勝手な境界線を下向いた時の境界なんてようもそんな勝手なもん作れるなと。
何か起こった時に真逆さまに転げ落ちるに決まっておろうに。
上向いてこそのなんぞあっても、戻れるんじゃろうに。
下向いていたら、それもまた時代のせいとぬかしおって受け入れた格好をしよる。
そら努力もせんと逃げておるだけとちゃうんか?

しっかりとお天道様に顔向けて歩こうじゃないか。
したら、いろんなもんが見えてくるんとちゃうんか?
人と比べてのどんだけの頑張りかどうかは気にせんでええ。
おんどれが頑張っているかが問題じゃ。

さて、過日においてライフラッカーになると決めたことにあたり、
ブログの改修を行っておりました。
どうにもぐだぐだと、いや無計画に行う性質なものか1日かかってしまいましたが。
それよりも、HTMLやCSSを思い出すのが大変だったというべきか。

ブログのデザインを変更し、タイトルバナーも新しくし
DISQUSを導入したものの、UTF-8じゃないとタイトルが上手く表示されないという現象に遭遇し
同時にEvernoteへの半自動追加プロセスを考えるという
全くもってDoing Listのへったくれもない同時作業をしていました。

お陰さまで見た目良くなったのかな。

それとこの前の記事でToodledoでタスクリストをだすというお話していた@bousiyaさんと話していたところ
デジタルだけの記録は味気ないよねという話に至り
アナログを活用することも必要だねと話しておりました。
タスクにおいては「完了」という作業はデジタルではチェックマークをつけるという処理に過ぎませんが、
アナログではどのような過程を経ていたか、完了か未完了かと同時に成功か失敗かという結果についても
記載していけたらなぁと話しておりました。

ただ、アナログで記載していく場合はルールに縛られてしまっては無味乾燥になってしまいますので
汚い字でもいいの、思いのたけを書きなぐったモノを残していければと考えております。

そういうところでデジタルのタスクは「ライフプラン」であり、
アナログのは「ライフログ」なのではないかと思う次第です。
なんでプランかというと、その言葉の響きが定量、定形なモノを記しているように思えるからです。

ま、一つの思い付きの言葉としての表し方であり、
どうやって我が身に振りかかる事象を捌いていくかを悩んだときに
ふと前述のことを思った次第です。

自分はタスク管理として、フランクリン・プランナーを使用していますが、
iPhoneも手元にあります。というよりiPhoneでタスク管理・スケジュール管理を行おうと最初は考えていました。

しかし、周りの人からの勧めもあり、ここ3ヶ月ほどフランクリン・プランナーが主体となっていました。
ただ、この手元にあるiPhoneをなんとか活用できないかと悩むところがありました。
私のフランクリン・プランナーはA5サイズで大きく、どこでも出せるわけではありません。
そのことに不満があるわけではなく、それだけ書き込みたいと思っての選択なのでいいのですが、
フランクリンに日課を毎日書き込んでいくのは如何にも効率が悪くどうにかできないかと思っていたわけです。

iPhoneではAppigoのTo doというアプリを使っていたわけですが、
これはToodledoというタスク管理のWebサービスと連携することができます。
(RTMは同期するためには、プロアカウントである必要があり、お金がかかるので選考から漏れました。)
ライフハック心理学を主宰されている佐々木さんが使っているのに影響を受け使い出した向きもあります。
ここで日次、週次、月次のタスクを管理すれば自動的に繰り越されていくので
便利だなと常々思っていました。
ただ、面倒だったのかフランクリンとの連携を模索しないまま、ひとまずあるぞくらいにしか機能していませんでした。

そんなことを考えていたある朝の風呂場にて、「1日分のタスクを毎朝プリントアウトすれば!」と思い付き、
実践してみたものの一つの問題に引っ掛かりこれまたウンウンと悩んでおりました。
それを解決する方法を思い付きましたので、載せときます。


人気ブログ記事検索 ブログルポ TREview 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。