上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に上原多香子が舞台で演じる。
その名も"Little Shop of Horrors"だ。
って、そんな言う程たいした物じゃないかも。
ひとまず日曜日の午後3時にやっていた番宣を見てみたのだ。

そもそもこの劇はちょいと古くからあったもので
あらすじは省いちゃうけど、(面倒だから)
キャストは以下の通り。
シーモア:山本耕史 オードリー:上原多香子
オリン:越中睦(MAKOTO) ムシュニック:小堺一機
(てか、ムシュニックって何語の名前だ?)

初舞台にして、ヒロインに抜擢されている上原多香子。
いや、しかし実際には本当のヒロインはオードリーⅡかも。
そのオードリーⅡの声をやっているのは…
見てのお楽しみか。

自分、上原多香子には舞台を早く経験して欲しいと思っていた。
舞台だったらテレビと違ってごまかしが利かないから。
目の前にいる観客にその人の全てが伝わるから。
必ずステップアップのきっかけとなる。
はてさて、リハーサルの模様を見た限りでは…

物語自体は非常に面白そうだし、
"生"上原多香子をじっくりと見られると言う事において
興味をそそられてはいるのだが。
8500円払って見に行く価値があるのかどうか。
いや、金銭的な余裕があるのなら行くんだろうが。

ひとまず、舞台の成功は祈ってますがな。
スポンサーサイト

オロナミンCの新しいCMが出来たようです。

今回のゲストは"中村俊輔"です。

今はセルティックに所属してますね。

で、その中村選手に上戸彩演じる新聞記者が密着取材と言う事で…


ベルトでお互いの体をまさに密着!

非常にうらやましい。

というか、中村選手、奥さんいるよな?

いいのか?

こちらの大塚製薬のHPで見てみてください。

なにもしないということは

時としてそれは悪い事をするのと

等しいときがあり、

なお良くないことに

それは行った者よりも

それを受けたものの方がそう感じる事である。





話さなければわからないと時に言うが、

動物の様に話さなくてもわかるか、

もしくは単純な言語を解するに留まるのは

伝える内容が至極簡単であるか、

強烈な想いを乗せた場合に限られ、

やはりこの文の様に抽象的でしかも緩慢に話すのであれば、

言葉を用いることが適当で、

さもなければなにも伝えられなかった事にしか

なり得ない事を知っておくべきである。

今日はローマダービーや!
いい加減すかっと勝ってくれや!

ここ一週間の疲れが溜まっていて
今日は爆睡していた。
起きたのは午後になってから。
いつもの事といえばいつもの事。

そういえばC.ロナウドが婦女暴行の容疑(Suspicion)で疑われているらしい。
正直、そんな事はあり得ない。
インタビューなどを見る限りホントにいい奴だ。
そんな奴をはめようとして謝礼金でももらおうとしているのかと思うと
どうしようもないなと思ってしまう。

机の上を散らかしっぱなしにしていつまでも
放っておいてる自分もまたどうしようもないけど。

少し日々の生活に張りがないことに気づいてる。
別にやる気なく過ごしているわけではない。
やるべきことはこなしてやっていっている。
だけど、物足りない何かがある。

人気ブログ記事検索 ブログルポ TREview 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。