上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、「世界の中心で愛を叫ぶ」やってますな。
いいですな。ああいう青春て。
長澤まさみ綾瀬はるかもいいですな。
しかしそりゃ高嶺の花って奴か?

私がそんくらいの頃、学校(School)では…
卓球部の部長をしてましてな。
実は中学3年の時に上の人間が全員辞めてしまして、
中高一貫で部活もそうなのにいきなしお鉢が回ってきました。
で、一度一人で突っ走って空回りして嫌になって
というか勝手に押しつけられた様な物で
他の人に部長の座を譲ったんですよ。
それがまた戻ってきた訳で。

だからその高校二年の時には
まあ半分好き勝手やりなさいと言う様な感じで…
でも、新しい顧問が来てその人たちは経験者だったので
これから盛り上げられるかなって思っていた。
今までの顧問は卓球には疎かった。

途中新しいというか斬新な(僕らにすれば)練習方法を取り入れたりもしたけど。
なんか勝とうとかそういう欲はなかった。
後輩の指導の方を熱心にやっていたかな。
といっても一時期10人ちょいだった部員も
その時には40人程に増えて狭い練習場で一斉に出来なくなって
中学と高校で練習時間を分けたから、空いてる時にね。

あとは体育祭の部門長をやっていた。
放送、用具、レース・決勝、記録、賞品、招集、スローガン…
この中で用具部門の担当で副実行委員長だった。
これは中3くらいの時に最初無理矢理やらされたんだけど
だんだんと面白くなってはまっていった。

用具部門自体は体育祭当日、競技に必要な物を
用意したり、片づけたりするのが仕事だった。
跳び箱、縄、球投げの球、長い丸太etc
みんな用具がおいてあるところに待機して
競技終了と同時にえっこらほいさら…
次の競技開始まではそんな時間はない。
ひたすらダッシュ、しかも重いし…

それに副実行委員長として
体育祭の新聞を発行したり、競技を考えたり。
で、それまでは体育祭の前日に体育館に泊まれたのに
危険だって言っていきなし中止に。
それ聞いた時に初めて立ちくらみしたしw
ぐらって体がよろけるのね。
全く高校の楽しい思い出がつぶれたよ。

実生活は何もない。
部活にまみれ、体育祭にまみれ、漫画とアニメにまみれ…
部長であった事のプレッシャーに押しつぶされ、
仲間からのフォーローはなくて(自分から聞かなかったからか?)
鬱になっていたのかも知れない。
人間が信頼出来なくなって店員に話しかけるのも怖くて。
かなり人見知りする状態になっていた。
学校の友達と話す時はまあ普通だったけど。
あとは例のごとくSPEEDにはまっていたかな。
前述の通り上原多香子ちゃんに。

戻れたらいいかなと思う時もある。
そしたら部活ばっかじゃなくてバイトもしてバイクも買って
ひょっとしたらあの子にもっと早く会えたんじゃないかと思う。
でも、今はもういいや。

あのとき殻に閉じこもっていた自分はもういない。
既に前を向いて生きている。
過去よりも未来をどうすべきかを考えている。
あのときは挫折していた時かも知れない。
だけどそれがあるから今やっとバネにして頑張っている。
あそこで部長という職に上手くいっていたら
経営を目指そうなんて思っていなかった。
あのとき背負った物はものすごく重かった。つぶれそうだった。
今はもうそれを軽々と担げる程になった。
俺って強くなったねw?
この前久しぶりにあったマックの先輩(既に就職)にも
男になったな!」って言われたし!
スポンサーサイト

大変だー!!!
いや、個人的にそう思えるだけなんですけどね。

イヤー、昨日の深夜はチャンピオンリーグの第2節があったじゃないですか。
こんな感じで…
A バイエルン    1-0 クラブ・ブリュージュ
A ユベントス 3-0 ラピド
B アヤックス 1-2 アーセナル
B トゥーン   1-0 スパルタ
C パナシナイコス 2-1 ブレーメン
C バルセロナ 4-1 ウディネーゼ
D マンチェスターU 2-1 ベンフィカ
D リール 0-0 ビジャレアル

割と妥当な結果になったようです。
まあ、パナシナイコスがブレーメンに勝ったのが
ギリシャ好きとしてはうれしいですね。
ただそれでもトーナメントに進めるかは未知数ですが。

そう、それで大変なことというのは…
ハリー君怪我(Injury)しちまったんですよ。
ハリーってハリー・ポッターのハリーじゃなくて
ギリシャ代表でアヤックスに所属するFW
Αγγερος Χαριστεας(アンゲロス・ハリステアス)
chari

(男前じゃん?)

先週末のローダ戦で二点を決めた活躍を認められ
今回先発になったようなんだ。
それで結構押せ押せでいい感じだったみたいなんだけど…
59分に相手チームのコロ・トゥーレ選手により
怪我をさせられてしまって、負傷交代。
長引くかどうか心配だ。


今年の1月の冬のマーケットで
ブレーメンから呼ばれたんだけど、鳴かず飛ばずで…
しかも今夏にはスウェーデンのマルクス・ローゼンポリという選手が加入
ポジション争いが熾烈になってきた中での
せっかくのチャンスだったのに…

さて今日の深夜には第2節残りのグループが
E フェネルバフチェ - PSV
E シャルケ - ミラン
F レアル・マドリー - オリンピアコス
F ローゼンボリ - リヨン
G アンデルレヒト - ベティス
G リバプール - チェルシー
H ポルト - アルトメディア
H インテル - レンジャーズ

当然おもしろいのはリバプールvsチェルシー。
個人的にはリバウド率いるオリンピアコスが
ジダンとロナウドの欠けたレアルに勝てるかってところかな?
さぁ、楽しみだ!

今日はちょいとマックの社員と二人きりの飲み会…
男だけで飲むなんて俺ら寂しいやっちゃなぁ。
でもでも、まあお互いおおっぴらには話せない
積もり積もった愚痴やら批判やらがある訳ですよ。
そういうのをちょっとぶっちゃけちゃいましたよ。

年は一つしか違わないのであまり社員としての威厳というか
そういった物は感じずに面倒な時だけは丸投げしようと
企んでしまう様な間柄になっております。
ただ自分、まだ学生やっちゃってるなとはしみじみ思いますが。

そんなんですが、酒の席でもお店の事を思って議論していましたよ。
今のお店の問題点(Problem)を。それはズバリ!
かわいい子(特に20歳くらいの)がいない事!」
もうこれがお店をデフレスパイラルへと追いやってると。

つまりは…
 かわいい子がいない
→男の子(私らも含む)がやる気を出さない。
→かっこいい子もいない。
→女の子がやる気を出さない。
→そんなやる気のなさを見て応募しに来ない
→最初に戻ると…
実に深刻です。

どちらかというと高校生はたまに応募しに来るんです。
ただ、やはり高校生ではもう私たちとしては
どこかしらにずれを感じざるを得ない訳で。
またやはり仕事の面においても「なんとかならん?」って思ってしまう訳で。
非常に扱いづらいです。
こんな子もマックにいるんですけどね。うちじゃないけど)

という事でこれを読んでる方で横浜近辺に住んでいて
仕事を真面目にやる気があって20代くらいで
かわいい(自他共に認める)女の子
是非、マックやりに来てください。
え!?どこのマックかって?
「おっちゃん(おじちゃん)おるか?」
と聞いて、話が通じる店がそうです(笑)

「いじいじ、うじうじしている人が一番嫌いなの!」












と、言われてしまった。
曰く僕は「弱い」(I'm timid)らしい。
いや事実、ここ数週間、いや数ヶ月事ある事に僕は弱くなっていた。
それがここ最近エスカレートしてきて
我慢の限界を超えたらしい。
しょうがない事だ。自分でもおかしいと思うくらいだ。

だから僕は「強くなる」と言った。
けれどそこになんの根拠もない事を見透かされている。
そこでやろうとしていたのは「虎の威を借る狐」のようなことだ。
全く反論できなかった。

じゃあ、一体どうすりゃいいんだ?
今この瞬間に強くなれる訳がない。
これでも今まで頑張ってなんとか自分を取り繕ってきた。
振り返って最悪の時よりはなんぼかよくなっている。
だけどなぜか「強い自分」を演じきれない。
どうしてもぼろが出てしまう。

思い悩む…
思い悩む…
思い悩む…


やっぱり駄目だわ。「弱い」わ、自分。
そっか…「弱い」んじゃん

その時、ふと思えた。
「弱く」ていいじゃないかと。
「弱い」ままでいいって事じゃない。
今は「弱い」って事でいいと言う事だ。

今までは例えるならATフィールドばっか強くして、
エヴァンゲリオン本体は強くなってなかったと言う事に気付いた。
心の壁」は強くなっていったけど、
それだけだからはげた時に凄く弱かった。

周りはATフィールドを張っている時の自分が本当だと思っていた。
「やれば出来る」とか「何でも出来る」とか「倒れやしない」と。
そんなの無理無理!逆にそういうプレッシャーがきつかった。
本当にやばいって信号もATフィールドが外に出さなかったし。
たまに「弱ってる」と言っても取り合ってくれないし。

そうやって外に出ずに自分の中で延々と溜まっていったものが、
突然栓を開けられたかの様に勢いよく出ていった。
そりゃ、迷惑千万、お帰りなすってだ。
そんでもって本当の自分は「弱かった」と。

でも、初めて自分は「弱い」状態になった。
もう隠しようのない事実だ。
別に「強い自分」を被り直す必要はない。
どうせまた引っぺがされるに決まっている。

だったらどうすりゃいいか?
答えは簡単だ。
これから強くなればいい。
今度は仮面をじゃなくて、本当の自分をだ。

明日なるか、それとも1年後か、はたまたもっと先か?
いつ「誰か」を守っていけるぐらい強くなれるかはわからない。
それでも「自分自身」を強くしようと決めたのだから、
きっといつかは強くなれる。

愛知万博、今日で終わりましたな。
もう16時の時点で2200万人越えたそうです。
結局行かなかったですけど。妹二人は行きました。
割と楽しかったようです。

なんかこういう誰もがあそこは行くべきだという奴に行く気がしない。
混んでいるのはわかっているし。
今回最大の目玉というトヨタ館については
あの一人乗りの変形する車は既にモーターショーで見たし、
演奏するロボットなんてのはガンダムを夢見るおいらからすりゃ
ただのおもちゃと代わらない気がする。

しかし作る前は森林破壊だの言われていたのに。
いざやってみれば国中大騒ぎだ。
どうせ使えないがらくたが残るだろうにさ。
あとどれだけの外国人が見に来たのだろう?
来たのは万博でもうけようと考える人だけか?
国内だけではしゃぐのなら万博の意義(Significance)が薄れると思う。
トヨタのグループで100万枚さばいたらしいからね。

そんなのよりみんなが簡単にスポーツできる施設が
たくさん出来ればいいのに。ドイツみたいにさ。

人気ブログ記事検索 ブログルポ TREview 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。